伊勢神宮~おかげ横丁

伊勢神宮~おかげ横丁

伊勢神宮参拝と食べ歩きとお土産選びが楽しい、おかげ横丁へ

去年のGWになりますが、伊勢神宮に行ってきました。
一昨年の2013年、伊勢神宮は第62回式年遷宮を迎えました。
その翌年、つまり去年(2014年)はおかげ年といってご利益が増すと言われています。
日本人なら一度はお伊勢参りに行かなくちゃ、と思っていたので
偶然とはいえ、とてもいい年に機会に恵まれました。

GWはものすごい混むとは聞いていましたが、本当に人でいっぱい!
交通規制も有り、伊勢自動車道からパークアンドバスライドを利用しました。
IC付近の専用駐車場に自家用車を停めて、そこからはシャトルバスで向かいます。

外宮まではシャトルバスで10分ほどだったかな。
そこから徒歩でさらに10分。
外宮には豊受大御神(とようけのおおみかみ)が奉られています。
天照大御神(あまてらすおおみかみ)のお食事を司る神様で
衣食住全ての守護神とも言われています。
一日二回のお食事のお供えは一日も途絶える事なく、1500年も続いているそう。
すごい。

手水舎
ここで身体を清めます。

豊受大神宮。
中はもちろん写真撮影禁止。
神聖な場所ですもんね。

他にもいろいろな神様が奉られています。

外宮の敷地内にせんぐう館という施設があるのですが、見所がいっぱいでとても面白かったです。
20年に一度の式年遷宮を詳しく知る事ができる展示物がたくさん。
特に圧巻なのが豊受大神宮の正殿の原寸大模型。
ちょうど館内ガイドの方のお話を聞けたのですが、とても興味深い内容でした。
なかなか詳しく知る機会のない式年遷宮を分かりやすく説明してくれます。
ここは是非訪れて欲しい!おすすめです。

外宮から内宮までは、徒歩で50分位。もちろんバスも出ていますよ。
のんびり歩くのもいいけど、暑くて人ごみでバテちゃった方はタクシーでピューっとひとっ飛びってのもありですよ~~(はい、私達の事です)
内宮には天照大御神が奉られています。
御鎮座されたのは2000年前。皇室の御祖神です。

内宮の入り口の鳥居。
伊勢神宮といえばここを思い浮かべる方も多いのでは。

この鳥居をくぐり、宇治橋を渡ります。
『ああ、伊勢神宮に来たんだなぁ』と、ちょっと心がきりっと引き締まるかと思いきや、
めちゃ混み状態でとっても賑やか~~。
宇治橋も式年遷宮と同じく20年に一度架け替えられているそうです。
鳥居も御正宮の古い柱をリサイクルしているので
ありがたくナデナデしてきましょう。

五十鈴川御手洗所
ここで手や口を清めてさっぱり。

御稲御倉
神様に捧げるお米を保管しておく蔵です。

外幣殿
古神宝類が納められています。

GWということもあって外宮、内宮共にものすごい人で、ちょっとびっくり。
もっと、なんていうか神聖な気持ちになるものかな~~と思ったのですが、ザ、観光地!という感じの
お伊勢さんでした。
でもふと空を見上げると、森の木々からの木漏れ日がなんとなく神々しく感じます。

連休の日中は賑わっていますが、参拝時間は5時からなんですね。
秋や春先のまだ空気がキリっと冷たい朝の伊勢神宮なんていいなぁ。
明けきっていない空が徐々に朝焼けに染まる瞬間の伊勢神宮もいいなぁ。
いつかまた機会があったら今度は早朝に訪れてみたいな、と思いました。

さて。。。
伊勢神宮といえば!
そう、おかげ横丁ですっ。
実はこっちも相当楽しみだったりして(笑)

ファミマもお伊勢さんバージョンで通りに馴染む色合いになってます。

楽しみにしていた赤福氷は、行列がすごくて泣く泣く断念。
伊勢うどんはしっかり食べました~。
この不思議な食感のうどん、私は結構好きかな。
また食べたいなぁ。

お茶もおかげ横丁。

どこも行列、行列で、堪能した!とは言えないおかげ横丁でしたが、美味しいものはしっかりとありがたく頂いてきました。
ちなみに伊勢神宮って、近隣に125ある神社の総称だそうです。
たくさんの神様が奉られている、ありがた~~~い場所なんですね。
元気でここに来られた事を感謝して伊勢神宮を後にしました。

 

伊勢神宮   http://www.isejingu.or.jp/
〒516-0023 三重県伊勢市宇治館町1

おかげ横丁  https://www.okageyokocho.co.jp/
〒516-8558 三重県伊勢市宇治中之切町52番地(株式会社伊勢福 )
TEL: 0596-23-8838