志摩観光ホテル ベイスイート 1日目

志摩観光ホテル ベイスイート 1日目

 

英虞湾を一望 志摩観光ホテルベイスイートへ!

前回の伊勢神宮参拝の記事からの続きです。
志摩観光ホテルベイスイートに宿泊してきました。

志摩観光ホテル・・・通称<シマカン>。
山崎豊子さんの小説「華麗なる一族」にも登場、そして皇室御用達の由緒あるホテルです。
所謂<シマカン>と呼ばれるのは志摩観光ホテル クラシックのほうで
今回は別館のベイスイートに宿泊しました。
2008年開業、全室スイートルーム&オーシャンビューのおしゃれなホテルです。

そういえば先日、来年6月の主要7カ国首脳会議(G7サミット)が伊勢志摩に決定しましたね。
クラシックのほうが2015年5月から2016年の春まで改修工事でクローズしてますが、
サミットがあるからなんですかね。

 

シックなインテリアのエントランスロビーでウェルカムドリンクを頂きながら、チェックイン。
外の景色が気になります。

 

 

プールかと思った!
贅沢なウォーターガーデンです。
水って見てるだけで心癒されますもんね。

 

 

チェックインが終わって、いよいよお部屋へ。
おお!エレベーターの手すりが真珠!
パールがぎっしりです。贅沢っっ。

 

 

今回宿泊した3004号室。
スーペリアスイートツインのお部屋です。

 

 

ドアを開けると・・・いきなり広ーーーい。
玄関?だけでもちょっとした居住空間になりそうなくらい広いです(笑)

 

 

リビング、ベッドルームあわせて100㎡。
ほんと落ち着かないくらいに広々としてます。
雰囲気はホテル、というより高級マンションって感じかな。

 

 

こちらはベッドルームになります。
パジャマの着心地がかなり気になるほうなので、さっそくパジャマチェック。

 

 

薄手でテローンとした生地。合格です♪
私的パジャマ選びのポイントは、軽い着心地、サイズに余裕があり、ゴワゴワせずに柔らかい(ツルン、テローン最高)
要するに寝返りが打つ易く、生地がゴロつかないのがいいのです。

 

 

そして、お部屋に入って正面に見えていたバスルーム。
これが素晴らしい!
お風呂から英虞湾が一望できます。(あご湾って英虞湾って字なのね。知らなかったっ)
絶景!

 

 

バスタブに入った目線からの景色がこちら。
ちゃんと海も見えます。
窓ガラスピッカピカ。拭き後も見あたらないくらい。

 

 

バスアメニティはクラランスです。
ホテルのスパエステもクラランスを使用してるそうです。

 

 

ダブルシンクの洗面台。
バスルームから自然光が入るので、ここも私好みでした。
お化粧する時ってできるだけ自然光でしたい派なんです。
照明が暗いパウダールームでお化粧した後、外出て鏡見たら濃くてびっくりって事ないですか?
私だけ?(笑)

 

 

コットンもふわふわ繭みたいなのと四角いの二種類。綿棒やらなにやら、大体のものは揃ってます。
右上の三角のとんがったの、今気がついたんだけど、これリングホルダーなのかなぁ。
なかなか行き届いてます。

 

 

そしてここにもクラランス!
スキンローション、美容液、パック、ボディ用乳液etc のミニセットです。
まったく女性心をくすぐるサービスがいっぱいです。
ちらりと見える赤いボトルは、20年ほど前に一世風靡したスリミングジェルの先駆け、リフトマンスールです。
当時は使ったことなかったけど、今は・・・とっても使ってみたいかも!嬉しいかも!です(笑)
お風呂上りに早速塗ってみたところ、スースーしてなんとなく引き締まった(皮膚が)気がしないでもないような・・・。

 

 

ルームサービスのホットドリンクや冷蔵庫、フードなどは特に珍しいものもありませんでしたが、
伊勢らしく?伊勢茶とか伊勢海老あられなんかがありました。

 

 

 

お部屋も素敵ですが、やはり窓からの眺めが素晴らしかったです。
ベランダに出て左側の景色。
画像正面にエントランスロビーから見えた、プールっぽい池が見えます。

 

こちらは右側の眺め。
英虞湾が夕日に染まり、綺麗でした。
別名真珠湾と言われています。
遠くに真珠の養殖筏が浮かんでいるのが見えますね。

 

到着後、お部屋でしばらくのんびりと寛いでいたら、丁度素敵なサンセットが。

 

三日月と夕暮れの英虞湾です。
とっても幻想的な写真になりました。

 

初めて見る、英虞湾。
日本の伝統的な美しさに溢れていました。

 

シマカンと言えばレストラン ラ・メール!・・・らしいのですが
ここ、ベイスイートにもベイスイート版ラ・メールがあります。
ディナーはここで頂きました♪

ではお食事の紹介を・・・。

輝くシルバーカトラリー。そしてナプキンホルダーにも一粒の真珠が。

 

 

アミューズ。
野菜のスティック。鮑の肝のソースが添えられていました。
濃厚なお味で、野菜スティックが一気に高級感溢れる一品に。

 

 

新鮮なお刺身。
氷で作ったような透明なガラスのお皿が涼しげ。

 

 

海の幸のガトー仕立て。
このゼリー寄せみたいな中に海老、ウニ等が入ってるのですが、
とっても美味しかったです。
こういうメインの前の冷製の一品って、特に印象に残るものでもない事が多いのですが、
これは別物でした。

 

 

スープは二種から選べました。

こちらは私がチョイスしたトマトとアボカドの冷製スープ。
一番上がアボカド味、その下がトマト味、一番下にコンソメジェリー、と三層に分かれた面白いスープでした。

 

 

これは彼チョイスの伊勢海老のクリームスープ。
ちょっとお味見させてもらいましたが、スープはこちらに軍配が。
私が選んだのも美味しかったんだけど、この濃厚な伊勢海老味には参りましたぁ。

 

 

そしてそして!
これが黒鮑のステーキでございます。
鮑の肝入りビストゥーソースと共に。

ビストゥーソースってバジルのソースなんだけど、
鮑とバジルってどーなの??って思った私の疑問は見事に吹っ飛びました。
絶品です。鮑も柔らかくてとっても美味だったのですが、、このソースが絶品でした。

一口一口、「美味しい・・・美味しい・・・」と呟きながら頂きました。
彼は、今まで食べた鮑の中で一番美味しい、と言ってましたが、はい、同意です。

 

 

伊勢海老のソテー パプリカソース。
伊勢海老はね。。。どうやって食べても毎回間違いなく美味しいです。

 

 

お口直しのグラニテ。
あ、何味だったか忘れてしまった・・・。

 

 

鮑のステーキがメインかと思いきや、実はこっちがメインです。
黒毛和牛フィレステーキ わさびバター添え。
牛ステーキにはわさびが合いますよね。
柔らかくて、でも赤身のむっちりした食感もあって美味しかったです。

 

 

デザート。
こちらは彼チョイスです。

 

 

私はフルーツの盛り合わせを。
他にはチーズの盛り合わせも選べました。
メロンはとろけるように甘かったー。

 

 

食後は紅茶とプチお菓子。

ふぅ。。。大満足のディナーでした。
何度も美味しい!連発で彼に笑われてしまった(笑)
いや、でもほんと美味しかったよ。
ここは珍しく、総料理長が女性なんですよね。素敵!

 

 

ディナーのあとは、館内をぶらっと散歩。
最上階にライブラリーラウンジがありました。

いろいろな本やお部屋で楽しめるDVDなどが。

ちょっとしたお菓子やコーヒー、紅茶、ジュース、スパークリングワインなんかも楽しめるようになっています。

 

外にもソファーがあり、寛ぐ事ができます。
夕暮れ時なんかいいかも。

 

先ほどの着心地良さそうなパジャマを着て、シーリーのベッドで就寝。
そばがらの枕が選べて満足。
ふわふわ羽枕はちょっと柔らかすぎるんですよね。
そばがら最強です♪

次回へ続く~~♪

 

志摩観光ホテル ベイスイート https://www.miyakohotels.ne.jp/shima/

〒517-0502 三重県志摩市阿児町神明731(賢島)
TEL: 0599-43-1211