蔵王国際ホテル 蔵王のお釜

蔵王国際ホテル 蔵王のお釜

昨年の夏の旅行を思い出して今頃(笑)

去年の八月、蔵王、裏磐梯方面に3泊4日で行ってまいりました。
まずは蔵王編から。

私、蔵王のお釜って知らなかったんです。
きっと有名なんだろうけど、ワタシ的には蔵王といえば雪の回廊とか樹氷とか。。。
雪のイメージ?
スキー場も有名ですし。

でもお釜すごかったです。びっくり!

仙台から出発して、蔵王エコーラインに入り、蔵王高原刈田駐車場にクルマを停めて
そこからリフトで刈田岳山頂へ。
リフトを降りて20分ほど山道を歩くと、驚きの光景が!

リフト乗り場。なんかちょっと地味ーーな感じです(笑)

 

 

一人用のリフトなんですが、最初はちょっとだけ怖かったです。
後ろ振り向いて撮った写真なんで、斜めってますが、かなり急勾配を登っていきます。
でもいい眺め~~~~

 

 

ここから、徒歩。
砂利、坂道、石ころいっぱいなので、歩きやすい靴じゃないと辛いですよ~~
ヒール履いてるおねーさんが、たまーにいて心配になった(^^ゞ

 

 

お天気に恵まれたので、空がほんとにきれい!っていうか空が近いっっ!雲が近いっっ!て感じ。

 

 

いきなり現れるお釜。
信じられない色なんです。
エメラルドグリーンが雲の流れによって色を変えていて
この世のものではないような、不思議な気持ちになりました。

 

 

望遠で水面を撮ってみましたが、なんかどこかよその惑星?の湖みたい。
wikiによると、1182年の噴火によりお釜が誕生。1820年以降に水が溜まり始めたらしいです。
水質は酸性で、生物は一切生息していません。
直径は約330m 水深は最大27m、平均17mだそうです。

 

 

 

雲の影が水面に。
天候によっては霧が凄く、まったく見えない日もあるようなので
こんなに綺麗なお釜が見れてラッキー!
しかし綺麗な色です

 

 

ふわふわと落ちてきそうなくらいすぐそこにある(ように見える)雲も素晴らしかったなぁ。

 

 

お釜を背にして逆方向に15分ほど進むと、刈田嶺神社(かったみねじんじゃ)奥宮があります。
冬の間は蔵王エコーラインが通行止めになるので、御神体は遠刈田温泉にある、刈田嶺神社里宮に移動になります。

 

 

ここが頂上~~。

 

 

高原植物も楽しめますが、今回はとにかくお釜の非現実世界観が凄まじく、
お花を愛でている余裕がありませんでした。

 

 

至るところに石が積んでありました。
ケルン、道標、登山道の目印。。。本来はそんな感じなんでしょうが
あちこちにありました。
適当に積んだ石に、また誰かが積んでいって・・・・みたいな?(笑)
そしてこの雲の並びがなんか可愛い♪

 

 

8月のお天気が良い日でも、過ごしやすい気温です。
紅葉の時期も大賑わいだそうですが、かなり寒いらしいです。

 

 

この日は蔵王国際ホテルに宿泊。

 

 

開放感のあるエントランスホール。
結構広くて品数豊富なお土産ショップもありました。

 

 

お部屋は10畳ほどの和室。

 

 

窓からは、緑の山々が。
リフトも見えます。冬はスキー場なんですね。

 

 

パウダールーム。
ダブルシンクです。

 

 

冷蔵庫内にはウェルカムフルーツのメロンとスイカが。
お菓子のところも多いけれど、果物好きなのでフルーツが置いてあるとすごい嬉しい!

 

 

誰もいない隙を狙って温泉を慌ててパチリ。
狙い目は早朝、深夜、チェックアウトギリギリ(笑)

 

 

お釜見学で結構な距離を歩いたので、温泉でしっかり温めて疲労回復!

 

足湯もありました。
ちゃんとタオルも
用意されていましたよ。

 

 

夕食

 

 

 

こうやって少しずつ、味付けの違う食材を楽しむのって旅先での食事の醍醐味です。

 

 

 

 

 

蔵王牛はすき焼きで頂きました。
最近は名産牛があるところでは、しゃぶしゃぶやすき焼き、ステーキ等、調理方法が選べるところも
増えてる気がします。
どれも甲乙つけ難い。全部食べたい(笑)←肉好き。

 

 

箸休めにひやむぎって珍しい! でもさっぱりしていて意外と良いかも!

 

 

やっぱりご飯は欲しくなります。
美味しいお米でしたー!

 

 

シャーベットはラ・フランス。
デザートまで美味しくいただきました。

 

 

翌日の朝です。
いい天気! 空もすごい青い!

 

 

朝食はバイキング形式でした。
写真では和食のおかずばかりですが、パン類ももちろん揃ってました。

 

 

初めて見たお釜。
ほーーーんと絶景でした。
お天気もよく、程よく歩き、温泉と美味しい食事。

チェックアウトのあとは福島県へGO!

続きます。